院長ブログ

2013年8月18日 日曜日

たんぱく質は、どの様にとったら良いですか?(その3)

いつもお読み頂き、ありがとうございます。



今回は、


動物性たんぱくと、

植物性たんぱくの上手な摂り方




についてお話しします new






one 動物性たんぱく質(肉、卵、牛乳)も

  一日のうち、せめて二品以上とりましょう bell





 これは、ざっくりしたイメージで覚えて頂きたいのですが、




動物性たんぱく質(g)=総量の約20%

植物性たんぱく質(g) =総量の約5〜10%



つまり、



動物性タンパク質の方が、


タンパク質の量的に2倍〜4倍も摂取効率が良い scissors



のです。





100gのステーキ   → タンパク質が約20(g)

豆腐3分の2丁(100g) → タンパク質が約5(g)





となります。





さらに、たんぱく質のバランスも見てみましょう。




例えば、

・牛肉: アミノ酸スコア 100

・ほうれん草: アミノ酸スコア 50



になります。




ここでは、「アミノ酸スコアが何か?」についての説明は省きます。




(簡単に言いますと、


「どれだけその食材に

バランス良くアミノ酸が配合されているか」



の指標のことです。)






従いまして、


牛肉に含まれるアミノ酸は、

ほうれん草に比べて、

2倍もバランスが良い scissors





と言えます。







two 植物性たんぱく質 : 動物性たんぱく質  =1 : 1 


  の摂取が良い。



  

確かにこういう風に言われていますが、あくまでも目安です。




厳密に言いますと、「1:1」にこだわる必要はないとも思います。





つまり、例えば





 メタボ気味で、動物性の脂質が気になるのならば、


 動物性の比率を少な目に 


 しても良いでしょう。




(ゼロは「行き過ぎ」だと思いますが...)








   


 また、冷え症や、むくみやすい方は、


 ダイエットに欠かせない

 基礎代謝(じっとしてても燃えるエネルギー)を


 高めるために、




 筋肉や酵素、血管やリンパ管の材料になる


 たんぱく質を増やす必要があります。




そのために、植物性より吸収効率が高い


 動物性もしっかり摂るべき 


   
 だと思います。




 (お魚や鶏のささみなど、

 ヘルシーな食材であれば、より安心ですよネ )


    


 

どんな栄養素でも言えますが、




・取り過ぎも良くないですが、

 取らなさ過ぎも良くない ng








・バランス感覚が重要です  snowboard







再度ご確認しますが、




カロリーとか、アミノ酸スコアとか、

細かい事は覚える必要ありません 




「おおよその目安」だけを

 押さえておく



 と良いですね confident





ではまた次回をお楽しみに!










投稿者 B-Rain Clinic

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町3-7-5
YS長者町ビル1F

【電話番号】
045-315-5151

【診療時間】
10:00〜13:30
15:00〜19:00

【休診日】
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら