院長ブログ

2013年9月16日 月曜日

ADHD(注意欠陥・多動性障害)と脳画像について(その1)

いつもお読み頂き、ありがとうございますconfident



今日のテーマは、


注意力が散漫な私は、

ADHD(注意欠陥・多動性障害)でしょうか?

その事について脳画像で測れますか?




についてです new







このご要望は実のところ、

クリニックへのご来院のきっかけとして

めっちゃ多いです cat


(全国津々浦々、かなりの遠方から来られます...。)





それだけ、みなさん「困って」いて

「客観的な判断」を求められている方が多いのですね eye






私の師匠のダニエル・エイメン博士

(米国エイメンクリニックCEO)は、



ADHDと脳画像に関しては、

「お家芸」shine といっても良い位

得意中の得意で



日本でも、そこそこ有名ですね。







おかげで日本では


エイメン博士 = ADHD の専門家


みたいなイメージが定着してますね。




(それはそれで、間違ってませんが

「過食症の脳画像によるタイプ分け」とか、

「うつ病の脳画像によるタイプ分け」とか、

あらゆるジャンルに渡り、クリエイティブなお仕事をされていますヨ search







さて、前置きが長くなりましたが、さっそく



成人のADD(注意欠陥障害)(つまり多動が無いタイプ)の

脳画像(脳SPECT像)をご覧下さい。



(「核種」つまり脳の血流を映し出すために注入される物質は、

 ECDというものを使用しています。)












脳SPECT(スペクト)では、

血流が豊富な部分: 赤(最高)〜黄

血流が少ない部分: 緑〜青(最低)


として見ます。





また、今回お示しする画像は

「矢状断(しじょうだん)」と言いまして

「脳を縦に左右に割ったスライス」の画像です。





安静時ですから、リラックスした状態の

脳を見ています。






図の楕円で囲まれた部分は、

前頭前野(ぜんとうぜんや)にあたり、



ADD(ADHD)の方 は、通常

血流が低下 down

している部分になります。







次に、同じ方ですが


15分間の集中課題をして頂いている時の

脳画像をご覧下さい。







前頭前野の同じ部分が、何と


集中時の方がより血流低下 downdown


していることが、お分かりかと思います flair




つまり


一生懸命頑張ろう、集中しようとすればする程

脳が働かない
 bearing


という特徴があるんです。

(本人になってみないと、この辛さはきっと分からないですね sweat01





以上で気づかれたかも知れませんが




ADD(ADHD)かどうかが微妙な場合

脳画像(脳SPECT像)が、

特に威力を発揮します
 scissors




次のテーマは、


ADDっぽい症状ですが、

脳画像で「そうでない」と分かる場合はあるのですか?



についてお伝えしますね wink




ではまた、お楽しみに!

投稿者 B-Rain Clinic

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町3-7-5
YS長者町ビル1F

【電話番号】
045-315-5151

【診療時間】
10:00〜13:30
15:00〜19:00

【休診日】
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら