セントジョンズワート(サプリメント)

2013年10月20日 日曜日

セントジョンズワートって、うつの人にどの位効果があるの?

いつもお読み頂き、ありがとうございます confident

記事更新、ご無沙汰してましたsweat01


院長の高です。





さて、今日のテーマは、




セントジョンズワートって、

うつの人にどの位効果があるの?




です new








(著作権者:Sérgio Raul Abreu  ライセンス:CC-BY-SA-3.0 )

https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3ASports_Nutrition_Supplements.jpg






セントジョンズワートは、

うつ病・うつ状態の方に有効なサプリメント



であることは、前回お話しました。





そこで気になるのは、その効果ですよね。




つまり、



・効き目はあるけど、ちょっとしか効かない despair



のか、


・すごく良く効く scissors


のかによって、ずいぶん結果が変わって来るからです cat





そもそも




「何となく効きました〜」 spa


(ほとんどのサプリメントの広告やCMはこのパターンです)



だと、医学的説明になってませんし、根拠が薄いのです。





科学的客観性(「エビデンス」といいます)のある


研究からの結果報告を知っておく必要がありますね。




中でも


偽薬(プラセボ)と比べても効果が高い ok


ことを証明した研究の証拠が重要です。






ただ、そういった事を、読者のあなた自身が

いちいちお調べする必要はありません。





時間もかかりますし、

冗談ぬきで相当面倒くさいですから(笑)






そこで以下に、

私なりに分かりやすくまとめましたので、ご安心下さいね good





one セントジョンズワートは、

  プラセボ(偽薬)と比べ、

  約1.15倍の効果があります scissors







  これは、コクラン・レビュー(2005年)からの報告です。





  「コクラン・レビュー」は、前回もご説明しましたが、



  「世界で一番、権威があり、エビデンスが確かな研究報告」



  と言われています。




  
  (これって数字で言われても、ピンと来る様な、来ない様な、ですよね。

   「科学的」を数字で表すと、実につまんないもんです(苦笑)ご了承下さいね。)






two セントジョンズワートは、

  偽薬(プラセボ)と比べ、

  HAM-Dスコアで、1.8〜10点分多く

  改善が見られます good






  HAM-D(「ハムディー」)と言いますのは、

  

   ハミルトンうつ病評価スケール book

 

     といいまして、(特に研究分野で)

 
  世界的に最もよく使われるうつ病に対する評価判定スケール



  のことです。





  質問が17個のもの(総得点52点)と、

  21個のもの(総得点63点)のものが、あります。






        研究報告によって、

  HAM-Dでのプラセボとの差が、


  
   1.8点のもの(Schwabeら、2006年)と、

  10点のもの(Kasperら、2006年)と、けっこう隔たりがありますね。






  HAM-Dで、1.8点というのは、はっきり言って
  
  差があるといっても、自覚症状としては、ほとんど分からない

  でしょう。





  一方で、10点の差、というのは、

  明らかに差を実感できるでしょう。




       どっちを取るか困ったもんですが、

  ここで

  間を取って6点あたりとしますと、

   そこそこ効果を実感できそうですね note





  ところで、HAM-Dというのは、要注意な点もあります。

  

  具体的には、

 
  ・自殺念慮(「自殺のそぶり」)がかなり軽くなっても、2点の改善


  ・寝付きの悪さが、改善し消失しても、2点の改善



  など、「どうしてこれらが、一緒の点数なの?」と、



 「点数のウェイト(重みづけ・配分)」が疑いたくなる部分もあります coldsweats01




  

  そういった限界がありますが、まとめますと、



  うつの人がセントジョンズワートを使うと、


 (偽薬と比べても)効き目を


  そこそこ実感できるでしょう happy01

  
  
  と言えます。






three うつの方がセントジョンズワートを使うと、

  「ある程度良くなる方」は、33〜71%、
 
  「ほぼ回復する方」は、20〜50%です up


  
    (Schwabeら:2006年、Kasperら:2006年、

                    Szegediら:2005年、Lecrubierら、2002年など)
   





   「そこそこ良くなる方」=症状の半分以上が改善 (反応率といいます)


   「ほぼ回復」=症状のほとんどが改善 (寛解率といいます)


    という定義になります eye
   






    「数字からだけ」で申し上げますと、

    
    セントジョンズワートは、

   抗うつ剤なみの効果を持つ
 diamond


    と言えます。



    


    逆に言えば、(これも抗うつ剤と同様に)




    セントジョンズワートだけで、

   もし治ったとしても、

   対症療法に過ぎない penguin

     
    (止めると悪化する可能性がある)



    という事も知っておきましょう flair







    ちなみに、プラセボ(偽薬)については


    
    反応率= 21〜42%

   寛解率= 10〜15%



    となります。
   





    精神科の場合は、プラセボ(偽薬)でも、

    けっこう効果があることに、ご注目下さいね sign01







   その他、


   「用量(投与ミリグラム)によって、治療効果に差がある」など、

   ご説明したかったのですが、長くなりますので

   割愛させてくださいね^^




   今日は、数字ばかりで、読むの疲れたでしょう。

   まあ、この当たりでお茶でもご一服どうぞ(笑) japanesetea






   次回のテーマは、


   セントジョンズワートの服用上の注意点について new


   お伝えします。





   ではまた、お楽しみに!






投稿者 B-Rain Clinic

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町3-7-5
YS長者町ビル1F

【電話番号】
045-315-5151

【診療時間】
10:00〜13:30
15:00〜19:00

【休診日】
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら