院長ブログ

2013年12月 4日 水曜日

開院1周年および、医療法人設立のご報告

いつもお読み頂き、ありがとうございます。


お陰さまで



平成24年12月1日のオープン以来、

B-Rain Clinic  がちょうど1周年経ちました birthday




米国のエイメン・クリニックをモデルに、



エイメン博士による脳画像(脳SPECT評価)や運動・食事療法のノウハウを

取り入れたクリニックを作り、実践してきました。








最近、


「やってる事がとても斬新ですね」

「脳画像、面白そうですね」

「精神科で客観的な指標が分かるなんて、素晴らしいです!」


などと、よく言われる様になりました cat






中には、全国津々浦々かなり遠方から

お越し頂く患者さまもいらっしゃいます。






以上、さほど大きな問題が無く

1年間元気にやってこれたのは、



いくら遠方からでも、根気強く通院してきて下さる患者さま達、


元気いっぱいのスタッフさん達、


異国の地から応援しつづけてくれている、エイメンクリニックの心優しい人達、


パートナー業者、取引業者の方々、




すべての周りの人の支えがあったからで、心から感謝いたします confident




12月から、医療法人の設立も決定しています。

(書類上は既に出来てます。

正式な告知が、もうすぐ可能になりますので、しばらくお待ち下さいね。)





2年目は、クリニック診療と並行して、

メンタルの方向けに、ビッグな事業を企画しております present



しばらくお待ち下さいね。


では、引き続き2年目もどうぞよろしくお願い致します。




投稿者 B-Rain Clinic | 記事URL

2013年11月27日 水曜日

「人との会話が苦手な方こそウェルカム」のパーティー・イベントのお知らせ



いつもお読み頂き、ありがとうございます^^



今回は、ちょっと柔らかい話題で行きますね。




B-Rain Clinicの主催ではないのですが、



当院の通院患者さまによる企画プロデュース


「価値観をシェアするパーティ」 bar


が六本木で実施されますので、そのお知らせです。。






他の交流会企画に無いポイントとしまして、



簡単なワークをする事で

口べたな方初対面が苦手な方でも

自然に周囲と話せるパーティ

になってて、素晴らしいと思います good





主催の患者さん自身、脳高次機能障害に加え

うつ病を患っていらっしゃいます。




しかし当院の治療でかなり回復され、

その経験を活かして行きたいとの事です。





何かしらの気付きがあると思いますので、

お時間のある方は是非遊びに行ってみてください。





「人と人とが価値観を共有してつながる」シェアパーティ@六本木スカイラウンジ


【開催日時】
12/8(日) 19:00~22:00(受付18:30~) ※遅れての参加、途中退出もOKです。


【対象者】

どなたでもOK。(元気な方でも、通院していなくても、大丈夫です。)

特にひきこもりがちな方、人との交流を真面目に考えたい方

にはおススメです。


【開催場所】
六本木駅 徒歩3分のスカイラウンジ
集合場所の詳細については参加者にメールでお知らせするそうです。


【参加費】
■男性:通常7,000円 →この記事を読まれた方限定 5,500円 
■女性:通常5,000円 →この記事を読まれた方限定 3,500円


詳細はFacebookページ をご覧ください。







主催者の方はとっても気さくな方ですし、




一般的によくある

「話しをするのを強いられる」パーティーと違って



たとえ口べたな方であってもお気軽にご参加出来る

絶好のチャンスだと思います confident




ではまた、お楽しみに!






投稿者 B-Rain Clinic | 記事URL

2013年11月13日 水曜日

夜食(夜中の過食)におススメの食べ物って何?(コンビニ編)

いつもお読み頂き、ありがとうございます^^


今回は、雑談的な話です。




あなたが普通に生活してて

夜中に急にお腹が減って来る時って

ありませんか?



私も、時々あります (^^,,)




ある方から教えて頂いた情報なのですが

先日、コンビニ(ローソンです)に行って、



夜食におススメの食べ物 


を見つけました flair





これです。









一見普通のパンに見えますが、


これ実は


糖質制限パン bread


なんです。



糖質は、通常のパンの約5分の1





さらに、ウレシイことに、

タンパク質が豊富に含まれているんです。







裏の成分表示です。

よく見て頂くと、

タンパク質が、19g


も入ってくれてます。




これは、涙ものです。

通常のプロテイン1回分弱

を補給したのと

同じくらいの量が含まれてます ok





カロリー自体も、


192キロカロリー

と、通常の約半分です。





味も結構美味しいです (^o^)





メンタルの方は

次の様に食べて頂くと

良いですね。





one このパンを、あらかじめ半分に切っておく
  (簡単に、手でちぎれます)

two 1晩に半分ずつ食べる



これだけです。

(1回で、100キロカロリー未満になります)






夜食にパンを食べても、

罪悪感を持たなくて済む
 scissors





のは大きいですから、

選択肢の一つとしてお試し下さいね。





ではまた、お楽しみに!







投稿者 B-Rain Clinic | 記事URL

2013年11月13日 水曜日

セントジョンズワートと薬剤の 飲み合わせで、具体的に避けるべきものは何?

いつもお読み頂き、
ありがとうございます。


記事の更新、ご無沙汰しておりました confident



さて、セントジョンズワート・シリーズの記事も
いい加減、はやく終えなければ(笑)




今回のテーマは、


セントジョンズワートと薬剤の

飲み合わせで、具体的に避けるべきものは何?



です new




以前の記事でお伝えしましたが、




セントジョンズワート自体、

飲み合わせで禁忌(つまりNG)となる

薬剤はありません
 good





しかし、以前お話しましたとおり、

セントジョンズワートは

体内のいろんな「酵素」を増加させてしまうため、




飲み合わせが「要注意」な薬剤は

たくさんあります search





具体的には、以下の薬剤が代表的です。




one ベンゾジアゼピン系抗不安剤


これは、精神科でよく使われますね。

相互作用で、抗不安剤の効果が弱まる事も、

たまにみられます。




two 避妊用ピルと、抗生物質


これらは、一見関係のない薬剤ですが、

どちらも、セントジョンズワートとの飲み合わせで

たまに 「日光過敏症」を生じることがあります。




また、避妊用ピルの濃度を下げ、

「望まない妊娠」が起こる可能性もあります。





three 抗うつ剤(SSRI、SNRI、3環系など)


これらは、

セロトニン症候群

という副作用を、まれですが、生じることがあります。


(症状としては、発熱、発汗、筋の硬直、動悸、下痢、昏睡などです)



リーマス(リチウム)との併用でも、

セロトニン症候群が生じることが、まれにあります。





しかし、そこ(セロトニンの急上昇)ばかり注目されがちですが、





逆に、セロトニンの低下、つまり

抗うつ剤の効果を弱めてしまう down


こともあります。

(こちらが本来の「酵素の増加」による影響ですね)



特に、長期の併用で、

三環系抗うつ剤

などで起こることがあります。






うつ症状を良くしようと、

抗うつ剤に、セントジョンズワートを追加すると、

かえって効果が減ってしまうことがある flair





という事を知っておく事が重要です ok






four カルバマゼピン(気分安定薬)、オメプラゾール(胃薬)

  テオフィリン(ぜんそくの薬)


   トリプタン系の片頭痛薬(アマージ、ゾーミック、イミグランなど)




これらの薬剤との相互作用で、


効果が減る down


ことがあります。



five (NSAID系)消炎鎮痛剤



これは、最も良く使われるタイプの

痛み止めです。

(市販薬でも、主流の成分です)




これは、今までと逆に

お薬が効きすぎてしまうup

可能性があります。





補足ですが、

セントジョンズワート自体、

あらゆる痛みを取る目的で(片頭痛に対しても)

よく使われます
ので、



それだけで治ればウレシイですよね wink





まだまだ、ありますが、


以上が代表的な相互作用となります。

ご参考になれば幸いです。




ではまた、次回をお楽しみに!

投稿者 B-Rain Clinic | 記事URL

2013年10月23日 水曜日

セントジョンズワートとお薬の飲み合わせは、大丈夫ですか?

いつもお読み頂き、ありがとうございます cat




今日は、食べログの記事に続いて

まじめな内容も書いちゃいますね^^




今回のテーマは、



セントジョンズワートとお薬の飲み合わせは

大丈夫ですか?



についてです new





「セントジョンズワートって、自然のハーブでしょ?

だから、安心安全よね」


と考えているあなた、ちょっと待って下さい sweat01





確かに薬剤ほどではありませんが、

セントジョンズワートと、各種薬剤との

相互作用  downwardrightupwardleft



(=お互いの作用を強め合ったり弱め合ったりすること)




があるので、服用時に注意して頂く必要があるんです search



まず、大切なポイントが2つあります。





oneセントジョンズワートは、

肝臓の代表的な酵素である



CYP 3A4(シップ スリーエーフォー) up

と、

CYP2C19(シップ ツーシーナインティーン) up


をたくさん増やしちゃう。






「何じゃこりゃ?」と思われたかもしれませんが(笑)

ちゃんとご説明しますね。






そもそも人体では、



肝臓に存在するCYP (シップ)という酵素で

世の中のほとんどの薬剤が代謝(分解)されます。






さらにCYPの中にも、

「1A2」とか、いろんな種類(タイプ)の酵素があるんですね。








(著作者:Mikael Häggström、パブリックドメイン(著作権なし))

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Proportion_of_drugs_metabolized_by_different_CYPs.png





上の円グラフは、



「世の中に存在する薬剤のうち、

どのくらいの割合が、どのタイプのCYP酵素で代謝(分解)されるか」

を示しています。






セントジョンズワートは、

3A4と2C19の酵素を

たくさん増やしてしまう up



んでしたよね。






36+8=44%



つまり、

世の中の薬剤の約44%に対する分解酵素を増やす up


  ↓   ↓

世の中の薬剤の約44%が、体内である程度減少してしまう down


  ↓   ↓

世の中に出回る、実に約44%の薬剤に対して、

作用(効果)を減らしてしまう down





と言っても過言ではありません flair





ですから、



セントジョンズワートは、

確かに市販でお手軽に手に入るものではありますが、




何らかのお薬を飲んでいらっしゃる方は

ぜひサプリメントに精通した専門家・医師に

ご相談された方がいいと思います 
ok





two セロトニン、ギャバ、ドーパミン、ノルアドレナリンを

  (見かけ上)増やす作用があります up





このことは、最近のコラムでもお書きしましたが、


セントジョンズワートに抗うつ効果がある



ので、何となく理解できますね。





しかも、


再取り込み阻害作用といいまして、



抗うつ剤と類似の作用を、

脳内に引きおこします。





セントジョンズワートは天然のサプリと言っても、

あくまでも、抗うつ剤と同様に


うつ病、うつ状態に対する対症療法である



のは、この理由です。


(基本的に「見かけ上脳内物質を増やすだけ」だからです。)




よって、抗うつ剤との相互作用に影響します。




どういう事かと言いますと、




まれにですが、

抗うつ剤と併用することで、




脳内で、急激にセロトニンが増える up

ことによって、




セロトニン症候群 sweat01





と言う、重篤な相互作用が

生じる恐れがあるのは、このためです eye




実際は「まれに」ですので、併用禁忌ではありません。



しかし、


抗うつ剤を飲まれているあなたは、

セントジョンズワートの使用に関して、

必ず主治医にご相談下さいね
 good





今回のテーマは以上です。


次回は、今回のつづきになりますが




セントジョンズワートと薬剤の

飲み合わせで、具体的に避けるべきものは何?




ですnew




ではまた、お楽しみに!



投稿者 B-Rain Clinic | 記事URL

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町3-7-5
YS長者町ビル1F

【電話番号】
045-315-5151

【診療時間】
10:00〜13:30
15:00〜19:00

【休診日】
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら