ホーム > ダニエル・エイメン博士について

ダニエル・エイメン博士について

診察室内

ダニエル・エイメン博士は、全米で最も知名度のある精神科医。脳SPECTという脳画像の補助診断を診療に取り入れて研究を進め、7万例の症例から、うつ・不安・過食・ADD/ADHDなどの病気が実はいくつものタイプに分かれており、タイプによって全く違う治療法が必要なことを突き止め、それぞれの治療法を確立した医学博士です。

脳SPECTとそれに伴う診察の膨大なデータベースから作られた補助診断、治療のメソッドで、現在では脳SPECT画像を必ずしも撮る必要はなく、正確なタイプ分けができるようになっています。

エイメン博士の研究は、細かいタイプ分けと、そのタイプに合った治療を行うことで、個々人に最適な医療を届けることを可能にしたのです。

さらに、エイメン博士は、必要な栄養素を過不足なく摂取し、適度な運動を行うことが、身体の健康だけでなく、脳の健康にも重要であるというスタンスで治療を行っています。薬剤をできるだけ使わず、心理療法や食事指導、運動メニューのアドバイスを行うというナチュラルな治療を行い、実際に高い効果をあげています。

そうしたことから、エイメン博士は全米からの注目度が高く、TV出演や公演を数多く行っています。歴代の大統領やスーパースターがゲストとして登場する「ラリー・キング・ライブ」への出演経験もあり、その業績は一般にもよく知られています。

また、エイメン博士が一般向けに書いた書著の多くはアメリカでベストセラーとなっています。日本でも『「わかっているのにできない」脳』というADD/ADHDについて書かれた本や、『脳画像でみる「うつ」と「不安」の仕組み』などが出版されています。

アメリカ精神医学会の評議員であり、世界で最も信頼されている精神医学の教科書「ComprehensiveTextbookofPsychiatry」では、「脳画像」の章を担当するなど、エイメン博士は全米の医療関係者からも深い信頼を寄せられています。

エイメン博士は、全米にある6つのエイメンクリニックでメディカル・ディレクター、経営者として指揮をとっています。さらに、カリフォルニア大学アーバイン校では医学生に教鞭をとっています。

エイメン博士との出会い B-RainClinic 高院長

エイメン博士との出会いB-RainClinic高院長

エイメン博士の治療についてはじめて目にしたのは女性週刊誌でした。過食症を脳画像によって補助診断し、5つのタイプにわけてタイプごとの治療を行う博士がアメリカにいるということが書かれていて、とても興味を惹かれました。

それまでの治療とは異次元にあるような内容に「調べなくては」と次々にエイメン博士の書かれた本を読んでいき、翻訳されていないものは原書を手に入れて夢中になって読み進めました。

面白いと思っていたのが、徐々に共感になっていき、診断や治療に関する考え方に深く共感を覚え、いつしかエイメン博士の治療を日本で広めたいと思うようになっていきました。

そこで、米国エイメンクリニックのラーニングコースを受講し、2012年6月にはそのライセンスを取得。さらに、ニューポートのエイメンクリニックでは、実際にエイメン博士ご本人にもお会いすることができました。

エイメン博士は、ヘルシーでハッピーな人生を送る、とてもポジティブな方でした。丁寧で優しいお人柄で、「得意な卓球では、絶対に僕に勝てないよ」とおっしゃった笑顔がとても印象に残っています。

小柄な方ですが、見事に鍛えられた身体で「食事指導や運動指導するのに説得力がなければ」と日々トレーニングに力を入れているとのことでした。

日本でエイメン博士の治療を広めたいと伝えると、「応援するから何でも言ってね」とお答えいただいたことは私にとって大事な宝物になっています。

圧倒されるようなカリスマ性があるのに、親しみやすく、とてもクリエイティブなエイメン博士の人柄に触れて、改めて博士の治療を日本で広めたいという決意を新たにしました。

アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町3-7-5
YS長者町ビル1F

【電話番号】
045-315-5151

【診療時間】
10:00〜13:30
15:00〜19:00

【休診日】
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら